FC2ブログ
ようこそ騰波ノ江小学校へ
10月2日(水)3日(木),6年生は鎌倉・箱根方面へ修学旅行に行ってきました。空模様が心配されましたが,高徳院の鎌倉大仏に向かうときには傘はいりませんでした。
大仏様の前で記念撮影です。
修旅13-1
全員集合して,各班ごとに携帯電話が渡されました。ここからが班別活動の始まりです。
修旅13-2
「これが,ぼくたちの班の携帯電話です」 みんなワクワクした顔をしています。
修旅13-3
岐阜県からの観光客の方に話しかけられました。 『どこからきたの?』 「茨城県です・・・」
修旅13-4
大仏を後にして,長谷駅から江ノ電(江ノ島電鉄線)に乗ります。うまく切符が買えるかな
修旅13-5
騰波ノ江小最後のグループが長谷駅まで歩いてきました。 「切符はどうやって買うのかな??」 「どこまで買うの…? ぼくは大人子ども  あっ 電車が行っちゃった?! 」 大丈夫です。電車は12分間隔で出ています。
修旅13-6
自動改札機を前に 「ここに入れればいいのね」 「サイフをきちんとしまって…」
修旅13-7
長谷駅で次の電車を待ちます。「早く来ないかな・・・」
修旅13-8
かわいい江ノ電車両が見えました。
修旅13-9
乗車します。
修旅13-10
和田塚駅で降車するグループや鎌倉駅まで乗車するグループとさまざまです。 「ずいぶん民家のすぐそばを通るんだね・・・」
修旅13-11
江ノ電鎌倉駅に到着しました。駅構内ですでにおみやげを買ってから出てきました。
修旅13-12
ここが『小町通り』です。たくさんのお店が軒を連ねています。
修旅13-13
おみやげを手に昼食です。 事前のリサーチは生かされたかな
修旅13-14
「ぼくたちは何を食べようかな?」
修旅13-15
他の班との情報交換をしているのでしょうか・・・
修旅13-16
手にはおみやげおなかもいっぱい 食後は小町通りの散策です。
修旅13-17
私たちはここのお店で昼食でーす。
修旅13-21
食後のデザートは忘れていません
修旅13-18
「これから小町通りをしっかりと見学しまーす。」
修旅13-19
太陽が見えているのに小雨が降ったり,風が吹いたりしています。「おみやげは,離しません!!」
修旅13-20
ちょっと一休みです。
修旅13-22
お目当てのおみやげが見つかりました。「イェーイ!!
修旅13-23
頼まれていたおみやげもこの店にありました。「あったー!! これだ
修旅13-24
鶴岡八幡宮での集合写真です。
修旅13-26
鎌倉を後にして,箱根の宿泊先ホテルに向かいます。
修旅13-25
海沿いの道路から箱根の山道を登り,予定通りに,箱根のホテルに到着しました。
修旅13-27
ホテルの方の説明を聞きます。『非常口は・・・』しっかり確認しました。
修旅13-28
入浴についての説明を聞きます。ホテルはとても広くお風呂までは迷路のようでした。
修旅13-29
お風呂は露天風呂を含めとても広く,段差もあり全部は入りきれませんでした。【男子風呂】
修旅13-30
風呂上がりのリラックス風景です。 今日の疲れはもう吹き飛んだかな?!
修旅13-31
いよいよ楽しみにしていたバイキング夕食です。「何を食べようかな?」 
修旅13-32
食べられる分だけを持ってきて,それが済んだら何度も運んできます。バイキング夕食も慣れているようです。
修旅13-33
「おいしいでーす
修旅13-34
デザートから食べ始める男子もいました。
修旅13-35
休みながら,マイペースでしっかり食べています。
修旅13-36
【第2日目】
朝食の様子です。ぐっすり?寝て疲れもとれたので,バイキング朝食でエネルギーを蓄えます。
修旅13-37
それぞれ,何を食べようかと迷いながら自分の食事を運びます。
修旅13-38
ホテルでも 「早寝 早起き 朝ごはん
修旅13-39
しっかり時間をかけ栄養補給をしています
修旅13-40
「毎日バイキングだったらいいね!?
修旅13-41
「もっと食べたいでーす」
修旅13-42
ホテルを後にして,大涌谷に向かいます。ホテルの皆さん「お世話になりました。」
修旅13-43
大涌谷まではロープウェイに乗ります。早雲山駅から8分間の乗車です。
修旅13-44
「こんなに人が乗って大丈夫かな?」
修旅13-45
やっと慣れてきて,目を開けられた友達もいました。
修旅13-46
『運が良ければ富士山が見えるよ・・・』と話していたら 「あっ 富士山だ
修旅13-47
「ラッキー!!」 今日も天気に恵まれそうです。
修旅13-48
富士山をバックに記念撮影です。 子どもたちは頂上付近に雪がのっているのが富士山だとイメージしていたようです。
修旅13-49
噴煙の立ちのぼる大涌谷をバックに記念撮影です。
修旅13-50
「ちょっとくさいねぇ・・・
修旅13-51
おみやげに名物『黒たまご』を買いました。1個食べると7年長生きするそうです。
修旅13-52
たくさんの修学旅行生や外国の観光客もきていました。
修旅13-53
噴煙をバックに『ハイ ポーズ
修旅13-54
写真撮影の後は,階段を降りていきます。 天気に恵まれ何よりでした。
修旅13-55
芦ノ湖は,神山が約3000年前に水蒸気爆発と火砕流を起こした際,山の一部が大崩壊を起こす山体崩壊が発生し,その結果誕生した堰止湖です。最大水深は約43mです。
青空の下,芦ノ湖を海賊船で遊覧します。「けっこう大きい船だねー
修旅13-56
建造したばかりのきれいな赤い『ロワイヤルⅡ』に乗りました。
修旅13-57
広い船上で周囲の箱根の山々を見渡します。
修旅13-58
赤い海賊船ときれいな湖面,みどりの山々そして青空がとてもマッチしていました。
修旅13-59
湖面を渡る風がとてもさわやかです。
修旅13-60
「この人は船長 海賊
修旅13-61
「気持ちいいねー
修旅13-62
下船後『ロワイヤルⅡ』の前で記念撮影です。
修旅13-63
復元整備が完成した箱根関所に向かいます。
修旅13-64
芦ノ湖を見渡せる場所に箱根関所はあります。
修旅13-65
関所西側の『京口御門』から入ります。
修旅13-66
『ここは雪隠(せっちん)です 現在のトイレです。』 当時は,身分によって使える雪隠も違っていたようです。 
修旅13-67
『遠見番所(とおみばんしょ)』に向かっています。現在で言うと 見張り台です。
修旅13-68
さらに見晴らしのよいこの上が『遠見番所』です。箱根関所で唯一二階建ての建物で,四方に開かれた大きな窓から二人の足軽が昼夜を問わず交代で見張っていたとされます。
修旅13-69
見晴らしがとてもよかったです。
修旅13-70
『入り鉄砲に出女(でおんな)』 箱根関所は,人質として江戸に置いていた大名の妻子の帰国を取り締まるため,『出女』に対し厳しい監視の目を光らせていました。 当時は女性の旅は大変でした。
修旅13-71
箱根関所を後にして,次は『小田原城』に向かいます。
修旅13-72
最後の見学地『小田原城』です。ボランティアの方に説明していただきました。『銅門(あかがねもん)です。』
修旅13-73
『常盤木門(ときわぎもん)です。』
修旅13-74
いよいよ天守閣が見えてきました。
修旅13-75
3重4階の天守閣です。高さは,約38mです。
修旅13-76
天守閣からの眺めは最高です。
修旅13-78
南側には相模湾が見渡せました。
修旅13-79
小田原提灯のゆるキャラ?!『えっさほいファミリー』も出迎えてくれました。
修旅13-80
小田原城をバックに記念撮影です。
修旅13-77

プロフィール

下妻市立騰波ノ江小学校

Author:下妻市立騰波ノ江小学校
〒304-0012
茨城県下妻市若柳甲644
TEL:0296-44-3611
FAX:0296-44-7423

ご来校者数
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
今までの記事
騰波ノ江幼稚園HP
騰波ノ江小ニュース
騰波ノ江小ホームページ
QRコード
下のQRコードを携帯のカメラで撮って頂くと自動で登録できます。
QR
検索フォーム
Copyright(C)
本ホームページの情報及び著作権は、下妻市立騰波ノ江小学校に帰属します。
管理者専用